データ収集方法

地図をつくるためのデータ収集方法には大きく分けて3つの種類があります。
まずは、非系統的サンプリングです。これは、統計の母集団の性質についての知識がない時に有効な方法となります。
点の選び方はいろいろありますが、地域を X,Yの座標で切れ、乱数表でX,Yの座標値を取り出し組み合わせて必要な数だけ採る方法、また母集団の数が判っていれば、それに一連の番号をつけ乱数表でサンプル番号を決めていく方法などがあります。

一方、層別非系統的サンプリングは、事象の特徴についてある程度の知識がある場合、地域をなるべく均一なものに分割してこれを単位としてサンプルを採る方法です。
単なる非系統的サンプリングと比べて,サンプルが全域に万遍なく分布するのがこの方法の大きな特徴です。線の場合は、傾斜を決め、第1列のX座標を乱数表で選べば、全てが決まります。

最後に系統的サンプリングです。これは母集団の分布が比較的均等な時に手軽に使える方法です。
系統法と層別非系統法の類似性と違いは図を見れば明らかで、系統的サンプリングの際、特に注意しなければならないのは事象の周期性です。
もし分割区域と周期性の波長が合った場合には、データは非常に片寄ったものになり代表性が損われます。特に規則系統法を使う場合には、事象の分布
に細心の注意を払う必要があります。

以上のようにサンプリングの方法には、事象の分布やそれに対する知識、容易さなどによっていろいろ考えられます。一般に使われるのは、不規則非系統法か比較的信頼できるデータを提供する不規則層別非系統法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です