正距方位図法と正距円筒図法

正距方位図法とは、平面上に、地球全体を一つの円形として表現する図法です。

この図法の特徴としては、中心に設定された地点から、地球上の全ての場所が、等しく「正しい距離」で描かれるということです。

丸い地球を四角い地図に置き換えたときに生じやすい、距離のズレを解消する描き方が、この正距方位図法であると言えます。

この地図の主な用途としては、ある地点Aから他の地点Bまでの「最短距離」を一目で把握する、というようなことに役立ちます。

例えば、飛行機のパイロットや管制官などが見ている地図はこの正距方位図法であるようです。

3次元の空間だと把握しづらい最短距離を、わかりやすく把握できるため、重宝しているようです。

この地図は距離の正しさを優先して描かれているため、方位に関してはややズレが大きく表現されるようです。

トリビアとして、実は、国連のマークは、北極を中心点としたときの正距方位図法の世界地図である、ということを知っておくと良いかもしれませんね。

そして、名前が似ているので少しややこしいですが、実は正距方位図法とは別に「正距円筒図法」と呼ばれる図法があります。

正距円筒図法とは、地球上を縦に走る緯線と、横に走る経線を、そのまま平面上の縦と横に置き換える図法です。

緯度と経度のグリッドが等間隔で表示されるため、方眼図法や正方形図法とも呼ばれているようです。

こちらも「距離」を正しく表示する、ということを優先しているため、表示される地理の面積や角度にはズレが生じるようです。

緯度と経度が等間隔である、という特徴から、データ的な処理との相性が良いとも言われ、GPSに関する用途に役立つようです。

また、この正距円筒図法は、はじめて制作されたのがかなり昔であるようです。

歴史ある図法であると言えるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です