地図上の「高さ」

前述した通り、地球はCGのようにつるんとしているわけでもなく、表面がデコボコとしていて、場所によっては細かく高さが変わってきます。

それはつまり、地球における「高さ」を決めるのは簡単ではなく、何らかの基準が無ければ難しいということでもあります。

先ほどにも描いた「平均海面」が基準となる場合もあります。

東京湾の平均海面が基準となる場合が多いようで、北海道や九州の高さを表示する場合も、東京湾の平均海面が基準となっているようです。

佐渡島や対馬、あと小笠原諸島や南西諸島などのような、一部の離島にはそれぞれ基準となる平均海面が別に設定されているようです。

全て一律にしてしまうと、逆に、正確な高さを測量しにくいのかもしれませんね。

「平均海面」という言葉は、昭和の中期ごろから使われている単語のようです。それ以前、例えば明治時代の頃には、別の言葉が使われていたとも言われています。

よく、ニュースや気象情報などで使われる「海抜」という言葉は、まさに「平均海面からの高さ」という意味です。

海抜100メートルと表記されている地点は、その地域の基準となる平均海面から数えて100メートルの高さにあるということになります。

それでは、おなじようによく使われる「標高」とはどのような意味なのでしょうか。

実は、こちらも同様に「平均海面からの高さ」という意味です。

主に海抜は海に近い地域を表す際に用いられ、標高は山や陸地などの高さを表す際に用いられるようです。

海抜という言葉は、津波などの自然災害への対策に用いられたりします。

その際には、近海の平均海面を細かく表記することで、正確に注意を促すようにしています。